分娩麻痺(左手麻痺)で障害基礎年金2級を受給できたケース

 

相談者 男性(40代)/自営業
傷病名 分娩麻痺
決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級
年金額 年額78万円

相談時の相談者様の状況

出生時の損傷で左手が動かなくなり、出生後から小学校に入る前まではリハビリに通っていました。
しかし症状が改善しないためリハビリも中止となり、小学校入学以降は病院にも行かず通常の生活をしていました。

左手が動かないことが生まれつきであったため、右手だけの生活にも慣れてしまい、
障害年金をもらえることを知らずに今まで日常生活を送ってこられましたが、
インターネットでたまたま見かけたことから障害年金のことを知り、自分も対象かもしれないと思い相談に来られました。

相談から請求までのサポート

出生時の損傷が麻痺の原因であるため、その時の証明を取る必要がありました。
病院はまだありましたが、さすがに40年以上前の記録は全く残っておらず相談者自身も当時の記録などは保管していませんでした。
そこで第三者の証明を取ることになり、幼馴染何名かに連絡して当時のことを覚えている方を見つけて障害年金申請の協力を依頼しました。
出生時の損傷のため生まれつき左手が動かないことやリハビリを受けていたことなど、当時の記憶を思い出してもらいながら書類を作成し、申請しました。

結果

障害基礎年金2級が認められ、年間約78万円の受給となりました。

 

  • これ程多くの地域の方々からご相談を頂いております

    大阪府全域 兵庫(神戸、西宮、尼崎周辺)・奈良(大和郡山・生駒)・京都市の障害年金をサポート

    詳しくはこちら

  • 様々な病気をお持ちの方へ

    年間約60万円以上もらえる国の援助制度をご存知ですか? 主に65歳未満対象|うつ・メンタル・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc

    様々な病気をお持ちの方

  • 障害年金無料診断キャンペーン実施中

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です

    無料診断はこちら

  • TOPへ戻る