うつ病で障害基礎年金2級を受給できたケース

 

相談者 男性(20代)/無職
傷病名 うつ病
決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級
年金額 年額80万円

相談時の相談者様の状況

20代の息子さんの相談でご両親が来所されました。
高校を卒業したころから他人とのコミュニケーションがうまく取れなくなり、また物事に異常に執着するようになったため両親の勧めで心療内科を受診したとのことでした。
その当時は神経症と診断され薬を処方されることもなく大学も卒業しましたが、就職することができず部屋に引きこもり日常生活も送れないという状態であったため、障害年金の対象になるかもと思い、ご相談に来られました。

相談から請求までのサポート

高校を卒業したときに行った病院に問い合わせたところ既にカルテが破棄されており、初診証明を記載いただくことができませんでした。そこで、当時の資料を探していただいたところ診察券が残っていたため、それを元に申立書を作成し初診日を特定することにしました。

当センターに来られた際にご両親は「神経症は障害年金の対象にはならない」とインターネットで見たとのことで半ば諦めていましたが、初診日の病名で決まるわけではなく、現在の症状が総合的に判断されることをお伝えしたところ、まずは一度申請することになりました。

神経症の症状だけでなく、うつ病の症状も含めて現在の状況を主治医の先生へお伝えし、診断書を作成いただいたうえ、申請書を提出しました。

結果

障害基礎年金2級が認められ、年間約80万円の受給となりました。
障害年金の要件には、ほぼ該当しないと考えておいでだったため、大変喜んでいただきました。

 


  • これ程多くの地域の方々からご相談を頂いております

    大阪府全域 兵庫(神戸、西宮、尼崎周辺)・奈良(大和郡山・生駒)・京都市の障害年金をサポート

    詳しくはこちら

  • 様々な病気をお持ちの方へ

    年間約60万円以上もらえる国の援助制度をご存知ですか? 主に65歳未満対象|うつ・メンタル・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc

    様々な病気をお持ちの方

  • 障害年金無料診断キャンペーン実施中

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です

    無料診断はこちら

  • TOPへ戻る