脊髄小脳変性症で障害厚生年金2級を受給できたケース

 

相談者 男性(40代)/自営業
傷病名 脊髄小脳変性症
決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級
年金額 年額120万円

相談時の相談者様の状況

もともと心臓の持病があり、何年も前からかかりつけ医で定期的に検査をしていました。
その際に、ふらつきがあることを主治医に伝えたところ持病とは関係ない全く別の病気の可能性があることを指摘され、精密検査を受けるために別の病院を紹介されてMRIを取りました。

精密検査の結果、脊髄小脳変性症という難病であることがわかりました。最初はふらつきだけでしたが、手足の麻痺が始まり日常生活に支障が出始めたころ、同じ難病の患者会の存在を聞き、そこで障害年金サポートセンターのことを知り来所されました。

相談から請求までのサポート

難病の場合は初診日の特定が大変難しくなります。最初に症状を訴えたのはかかりつけ医でしたが、そこでは精密検査も行っていなかったため初診日はその後に紹介された病院を受診した日と判断をしました。

また病気による影響でうまくしゃべることが出来なくなっていたため、当センターでも筆談を交えて現在の症状をお聞きしながら経緯を整理したうえ申請を行いました。

結果

障害厚生年金2級が認められ、年間約120万円の受給となりました。

 


  • これ程多くの地域の方々からご相談を頂いております

    大阪府全域 兵庫(神戸、西宮、尼崎周辺)・奈良(大和郡山・生駒)・京都市の障害年金をサポート

    詳しくはこちら

  • 様々な病気をお持ちの方へ

    年間約60万円以上もらえる国の援助制度をご存知ですか? 主に65歳未満対象|うつ・メンタル・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc

    様々な病気をお持ちの方

  • 障害年金無料診断キャンペーン実施中

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です

    無料診断はこちら

  • TOPへ戻る