広汎性発達障害で障害厚生年金3級を受給できたケース

 

相談者 男性(20代)/無職
傷病名 広汎性発達障害
決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級(事後重症請求)
年金額 年額約60万円 (月額約5万円)

相談時の相談者様の状況

小学生のころから忘れものが酷く、人の話を聞かない等で、再三担任の先生からも注意される状態でした。

中学、高校も不登校ぎみで高校は中退、その頃から、脅迫観念が強くなり、日常生活にも支障をきたすようになってきました。病院を受診し、治療を続けても悪化する一方で、家族とのコミュニケーションも困難になってきたため、お母様が障害年金の申請を考え、年金事務所へ相談にいきましたが、書類が難しく、なかなか申請が進まないため、当センターへ相談に来られました。

相談から請求までのサポート

初診日は15年前と古いのですが、病院にはカルテが残っていたため、認定日に遡っての遡及請求を希望されました。

しかし、お話を伺うと、当時の傷病名は強迫性障害であり、症状をお聞きしたところ3級該当も難しいと思いました。

強迫性障害は神経症に分類されており、相当重篤であっても、なかなか認められないので、認定されない可能性が高い旨を伝えしましたが、それでも一度請求してみたいとの事でした。

そこで、認定日当時と現時点の診断書の作成を依頼し、書類を作成していきました。

結果

やはり遡及請求は認められませんでしたが、事後重症請求は認められ、障害厚生年金3級が決定し、月額約5万円の受給となりました。

 


  • これ程多くの地域の方々からご相談を頂いております

    大阪府全域 兵庫(神戸、西宮、尼崎周辺)・奈良(大和郡山・生駒)・京都市の障害年金をサポート

    詳しくはこちら

  • 様々な病気をお持ちの方へ

    年間約60万円以上もらえる国の援助制度をご存知ですか? 主に65歳未満対象|うつ・メンタル・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc

    様々な病気をお持ちの方

  • 障害年金無料診断キャンペーン実施中

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です

    無料診断はこちら

  • TOPへ戻る