脊髄動静脈奇形で障害厚生年金3級を受給できたケース

 

相談者 男性(40代)/会社員
傷病名 脊髄動静脈奇形
決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級
支給月から更新月までの総支給額 年額約90万円

 

相談時の相談者様の状況

両足に痺れを感じるようになりましたが、すぐに治ると思いそのままにしていましたが、症状は悪化し、次第に歩く事が難しくなり、3か月ほど経過したころには、会社での勤務も難しくなってきたため、病院を受診しました。
検査の結果、神経に腫瘍が見つり、治療をおこないましたが両足の麻痺は改善しませんでした。会社は病気に理解を示してくれて、現場から事務作業に配置を変えてもらったため退職せずにすみました。
通常通り働いているため、障害年金の対象になるのか相談したいとのことから、当センターへおいでになりました。

相談から請求までのサポート

歩行することは難しく、壁を伝いながら歩いている状態でしたが、ほとんど移動せずに仕事ができる部署で事務作業をするといった配慮をしていただいておりました。
日常生活ではご家族の支援が不可欠であり、症状や生活の状況を聞き取ったうえ、診断書の作成をお願いし、申立書他、書類を作成していきました。

結果

障害厚生年金3級を取得し、働きながら年間約90万円の年金を受給できることとなりました。

脊髄動静脈奇形

 


  • これ程多くの地域の方々からご相談を頂いております

    大阪府全域 兵庫(神戸、西宮、尼崎周辺)・奈良(大和郡山・生駒)・京都市の障害年金をサポート

    詳しくはこちら

  • 様々な病気をお持ちの方へ

    年間約60万円以上もらえる国の援助制度をご存知ですか? 主に65歳未満対象|うつ・メンタル・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc

    様々な病気をお持ちの方

  • 障害年金無料診断キャンペーン実施中

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です

    無料診断はこちら

  • TOPへ戻る