ADHDで障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者 男性(30代)/無職
傷病名 ADHD(注意欠如多動性障害)
決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級(事後重症請求)
年金額 年額約60万円

相談時の相談者様の状況

幼少期より落ち着きがないといわれており、大学では講義を最後まで聞く事ができない状態でしたが、当時は発達障害やADHDという概念はなく、性格的なものだと家族も思っていました。
しかしアルバイトではミスが非常に多く、他人とのコミュニケーションも、上手く取れないため、同じ会社で働き続けることが出来ませんでした。
徐々に感情のコントロールが出来なくなり、気分が落ち込むことも多くなったため、精神科のあるクリニックを受診したところ、ADHDと診断されました。
障害年金の申請を考え、納付状況を年金事務所で確認したところ、アルバイトを転々としていたため要件に該当しなかったため、何か方法はないかと、当センターへ相談に来られました。

相談から請求までのサポート

初診日が確定していれば、納付要件を満たさないので、どう頑張っても受給することは出来ません。
そこで、まずは病院に行くまでの経緯を詳しくお聞きしました。
すると、精神科のあるクリニックに行く前に、近所にある掛かりつけの内科を受診したことが分かりました。
早速問合せていただいたところ、カルテも残っており、初診日を特定することが出来ました。年金事務所にて納付要件を確認したところ、ギリギリでしたが満たしており、手続きを進めていきました

 

結果

障害厚生年金3級の受給が決定し、年間約60万円の受給となりました。
ADHDだけでの申請は不支給になることも多いのですが、受給となり非常に嬉しかった案件です。

 


  • これ程多くの地域の方々からご相談を頂いております

    大阪府全域 兵庫(神戸、西宮、尼崎周辺)・奈良(大和郡山・生駒)・京都市の障害年金をサポート

    詳しくはこちら

  • 様々な病気をお持ちの方へ

    年間約60万円以上もらえる国の援助制度をご存知ですか? 主に65歳未満対象|うつ・メンタル・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc

    様々な病気をお持ちの方

  • 障害年金無料診断キャンペーン実施中

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です

    無料診断はこちら

  • TOPへ戻る