器質性うつ病性障害で障害共済年金3級を受給できたケース

相談者 男性(50代)/会社員
傷病名 器質性うつ病性障害
決定した年金種類と等級 障害共済年金3級
年金額 585,100円+116,946円(職域加算)

相談時の相談者様の状況

理由もなく不安になったり過呼吸になることが続いたことから受診したところ、
不安障害と診断され服薬治療を開始しました。仕事を続けながら通院を続けましたが、
症状には波があり何も考えられない日が続くこともありなど改善しませんでした。

以前まで出来ていた仕事が出来なくなっていき、また外出しようとすると
胸が圧迫されたような感じがあり、この数カ月は全く出勤することが出来ていないことから、
今後のことが心配になり当センターへ相談に来られました。

相談から請求までのサポート内容

会社に在籍しており、また、1人暮らしであることから、受給することは難しいと周りの人や
専門家から言われたとのことでした。しかし、現在は出勤が困難であることや、
日常生活についても頻繁に家族や友人からサポートを受けていることから、受給の可能性は
ゼロではないことを伝えたところ、申請を進めていくことになりました。

発症から現在までの症状の経緯や、具体的な日常生活の状況をヒヤリングしていき、
一つずつ書類を完成させていきました。

結果

障害共済年金3級が認められ、585,100円+116,946(職域加算)の受給となりました。

 


  • これ程多くの地域の方々からご相談を頂いております

    大阪府全域 兵庫(神戸、西宮、尼崎周辺)・奈良(大和郡山・生駒)・京都市の障害年金をサポート

    詳しくはこちら

  • 様々な病気をお持ちの方へ

    年間約60万円以上もらえる国の援助制度をご存知ですか? 主に65歳未満対象|うつ・メンタル・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc

    様々な病気をお持ちの方

  • 障害年金無料診断キャンペーン実施中

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です

    無料診断はこちら

  • TOPへ戻る