広汎性発達障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

 

相談者 女性(30代))/就労支援施設A型
傷病名 広汎性発達障害
決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級
年金額 779,300円

相談時の相談者様の状況

幼少のころから周りとコミュニケーションがとれないことから孤立し、いじめられることも多く、また、忘れ物をすることも非常に多かったため、先生からよく注意を受けていました。高校を卒業して大学に入り、アルバイトを始めましたが仕事を覚えることが出来ず、すぐに辞めさせられることが続きました。卒業後は事務職の仕事を始めたのですが、やはり仕事を覚えることが出来ず、理解が非常に遅く作業も他人に比べて著しく遅いため、退職せざるをえなくなりました。退職後は、しばらくは自宅にて通院治療を行いましたが、経済的な面で不安を感じるため、A型就労支援施設を利用。しかし、いつ全く就労できない状況になるか分からず、不安に思っていたところ、施設の方から障害年金のことを聞き、家族に付き添われて当センターへ相談に来られました。

相談から請求までのサポート内容

広汎性発達障害の場合は、初診日に関わらず出生日からの状況を申立書に記載する必要があります。ご両親に幼少期からの経緯やエピソードを出来るだけ思い出してもらい、また、現在の日常生活での状況を併せてヒアリングしていき、書類を作成していきました。

結果

障害基礎年金2級が認められ、年間約80万円の受給となりました。

 


  • これ程多くの地域の方々からご相談を頂いております

    大阪府全域 兵庫(神戸、西宮、尼崎周辺)・奈良(大和郡山・生駒)・京都市の障害年金をサポート

    詳しくはこちら

  • 様々な病気をお持ちの方へ

    年間約60万円以上もらえる国の援助制度をご存知ですか? 主に65歳未満対象|うつ・メンタル・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc

    様々な病気をお持ちの方

  • 障害年金無料診断キャンペーン実施中

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です

    無料診断はこちら

  • TOPへ戻る