脳出血の方の申請が無事終わりました_ブログ1

こんにちは。梶村です。

先日、脳出血の方の申請が無事終わりました。

 

この方から連絡があったのは先月のこと。

病歴・就労状況等申立書が書けないので代わりに作成して欲しいというご依頼でした。

すでに診断書を取得されており、その期限が約2週間後だという事でかなり焦っておられたため、翌日面談に来ていただきお話をお伺いすることになりました。

(診断書や戸籍謄本には期限があるのでご注意ください。期限は申請方法により異なるので、気になるかたはお問合せください)

 

その際に診断書も持参して頂き、内容を確認させて頂き愕然としました。

なぜなら、診断書に書かれている内容が、ご本人様の実際の症状に比べて非常に軽く書かれていたのです。

なぜこのような内容になったのかお話をお伺いしたところ、検査終了後、疲労困憊で普段の症状を担当の理学療法士の方に伝えることが出来なかったそうです。

 

そこで、日常生活の状況を詳しくお伺いしたうえ書面にまとめ、病院へ診断書の修正を依頼しました。身体が不自由で病院まで行くことが大変であった為、相談者様より病院へ連絡していただき、許可をいただいたうえで直接病院とやりとりをさせて頂き、無事相談者様の症状が反映された診断書を記載いただくことができました。

 

あとは、受給の決定通知が届くように祈るばかりです。

 

医師とのコミュニケーションが取れていても、ちょっとしたことで実際の症状よりも軽く書かれてしまうことがあるのだと実感した案件です。

 

診断書は障害年金の申請書類の中で重要な書類です。申請の際は十分注意してくださいね。

 

お問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

傷病名 (必須)

ご相談内容 (必須)

  • これ程多くの地域の方々からご相談を頂いております

    大阪府全域 兵庫(神戸、西宮、尼崎周辺)・奈良(大和郡山・生駒)・京都市の障害年金をサポート

    詳しくはこちら

  • 様々な病気をお持ちの方へ

    年間約60万円以上もらえる国の援助制度をご存知ですか? 主に65歳未満対象|うつ・メンタル・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc

    様々な病気をお持ちの方

  • 障害年金無料診断キャンペーン実施中

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です

    無料診断はこちら

  • TOPへ戻る