大阪全域兵庫(神戸、西宮、尼崎周辺)奈良(大和郡山・生駒)京都市をサポート

天満橋地下鉄谷町線3番出口 徒歩分、京阪東口 徒歩

運営:セントラル社会保険労務士法人

お問い合わせはこちら

06-6360-4023

月〜土:9:00〜19:00 (土曜日は17:00まで)

MAIL LINE

代表メッセージ

この度は、当ホームページにご訪問いただき、誠にありがとうございます。
当事務所では開業以来、年金の申請手続はもちろん、さまざまな種類の書類処理、多岐にわたる内容の相談、年金記録の調査など、年金相談業務を中心に行ってまいりました。
これらの年金相談で培った経験を生かし、皆様のお力となるため大阪障害年金サポートセンターを立ち上げることとなりました。

障害年金を受け取る事は特別なことではなく、老齢年金や遺族年金と同様に国民の権利として認められています。しかし、受給できる可能性があるにもかかわらず、申請していない方が多いようです。それはなぜでしょうか。 

まず、どういった傷病が障害年金をもらえる対象なのかがわからない、そもそも障害年金の制度があること自体知らない、などといった問題がございます。

次に、年金は申請手続をしなければならず、何もしなければ受け取ることができないということです。老齢年金であれば、一定の年齢になれば申請手続についての案内が年金事務所から送られてきますし、日ごろ話題にも上ったりしているので、手続忘れはそこまで多くはありません。ところが、障害年金の場合は違います。申請用紙が送られてくるといったことはないので、窓口にわざわざ確認に行かなければ、ほったらかしとなってしまうのです。

さらに、障害年金のしくみは、非常に複雑で難解なため、窓口での相談を受けてもわかりにくかったり、何回も窓口に足を運ばなければいけなかったりと、手続段階で挫折してしまうといったこともあるようです。

また、障害年金の申請には医師の診断書が必要ですが、申請しないで何年も過ぎてしまうと、担当医師が変わっていたり、カルテの確認ができなかったり、さらには病院自体がなくなってしまったりと、診断書を書いてもらえないケースも数多くあります。

障害年金の申請で一番大事なことは、分らない事があったり、不安を感じたりしたとき、すぐに専門家に問い合わせをする事です。遅れれば遅れるほど申請手続が困難になったり、もらえる金額に影響してくることがあります。

大阪障害年金サポートセンターでは、少しでも多くの方に「障害年金」を知っていただくため、引き続き、無料相談会などの活動を続けてまいりたいと考えております。

障害の無年金者にならないためにも、ぜひ当事務所にお気軽にご相談ください。無料でお話を聞かせて頂きます。

TOPに戻る

もっと詳しく利したい方はコチラのページもご覧ください

障害年金の無料相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

06-6360-4023

月〜土:9:00〜19:00 (土曜日は17:00まで)

障害年金無料診断 LINEで障害年金のご相談 マンガでわかる障害年金シリーズ 感謝のお手紙
1分間受給判定 サポート費用 無料メール相談 LINEで相談

お問い合わせはこちら

06-6360-4023

月〜土:9:00〜19:00 (土曜日は17:00まで)