パニック障害やPTSDは障害年金の対象になるのか?

質問

パニック障害やPTSDは障害年金の対象になるのでしょうか?

答え

パニック障害やPTSD等の神経症につきましては原則としてそれだけでは障害年金の認定の対象外です。

ただし、日常生活上の困難から判断して精神病の病状を示しているもの(うつ病など他の精神障害も同時に患っている場合など。)は 障害年金の対象となる場合があります。

また、精神障害の程度は、その原因や諸々の症状、現在までの経過、日常日常生活状況が どういう状況かなどを個別具体的に判断して、総合的に認定されます。

精神の障害は人によって大きな違いがあり、 同じ病名でも症状は様々なため、具体的な日常生活を営む上で困難の程度と、原因や経過を考慮するものとなっています。

日常生活の程度についての大まかな目安は下記のとおりとなります。

3級—労働に著しい制限がある状態(3級は初診日が厚生年金に加入している場合が対象です)

2級—労働不能であり食事や身辺の清潔保持等の日常生活に多くの援助が必要な状態

1級—他人の援助がなければ日常生活ができず、常時介助が必要な状態

上記はあくまで概要でありそれぞれの症状や病歴によって気を付けなければいけない点が異なります。

当センターで定期的に開催している無料相談会では、障害年金をもらえるかどうかの診断も無料で行っております。お気軽にお申し込みください。

 

 

 


  • これ程多くの地域の方々からご相談を頂いております

    大阪府全域 兵庫(神戸、西宮、尼崎周辺)・奈良(大和郡山・生駒)・京都市の障害年金をサポート

    詳しくはこちら

  • 様々な病気をお持ちの方へ

    年間約60万円以上もらえる国の援助制度をご存知ですか? 主に65歳未満対象|うつ・メンタル・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc

    様々な病気をお持ちの方

  • 障害年金無料診断キャンペーン実施中

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です

    無料診断はこちら

  • TOPへ戻る