大阪全域兵庫(神戸、西宮、尼崎周辺)奈良(大和郡山・生駒)京都市をサポート

天満橋地下鉄谷町線3番出口 徒歩分、京阪東口 徒歩

運営:セントラル社会保険労務士法人

お問い合わせはこちら

06-6360-4023

月〜土:9:00〜19:00 (土曜日は17:00まで)

MAIL LINE

自閉症は障害年金ですか?

質問

子供が現在、自閉症と診断されたのですが、障害年金の対象になるのでしょうか?

 

答え

自閉症(正しくは自閉スペクトラム症と呼ばれます)は発達障害の一種で、障害年金の対象となる病気ですので、申請し、日本年金機構が定める一定の基準を満たすことで受給することができます。

自閉症は発達障害の一種のため、障害年金でも発達障害の認定基準で判断されることになります。

認定基準によると、発達障害で各等級に相当する障害の状態は以下のように定められています。

(1)適切な食事配膳などの準備も含めて適当量をバランスよく摂ることができる
(2)身辺の清潔保持洗面、洗髪、入浴等の身体の衛生保持や着替え等ができる。
また、自室の清掃や片付けができる
(3)金銭管理と買い物金銭を独力で適切に管理し、やりくりがほぼできる。
また、一人で買い物が可能であり、計画的な買い物がほぼできる
(4)通院と服薬規則的に通院や服薬を行い、病状等を主治医に伝えることができる
(5)他人との意思伝達及び対人関係他人の話を聞く、自分の意思を相手に伝える、集団的行動が行える
(6)身辺の安全保持及び危機対応事故等の危険から身を守る能力がある、通常と異なる事態となった時に
他人に援助を求めるなどを含めて、適正に対応することができる
(7)社会性銀行での金銭の出し入れや公共施設等の利用が一人で可能。
また、社会生活に必要な手続が行える

各項目を

できる
自発的にできるが時には助言や指導を必要とする
自発的かつ適正に行うことはできないが助言や指導があればできる
助言や指導をしてもできない若しくは行わない

の4つの段階にわけて評価します。

■日常生活能力の程度

日常生活能力を総合的に評価したものです。

精神障害(病的体験・残遺症状・認知障害・性格変化等)を認めるが、社会生活は普通にできる。
精神障害を認め、家庭内での日常生活は普通にできるが、社会生活には、援助が必要である。
精神障害を認め、家庭内の単純な日常生活はできるが、時に応じて援助が必要である。
精神障害を認め、日常生活における身のまわりのことも、多くの援助が必要である。
精神障害を認め、身のまわりのこともほとんどできないため、常時の援助が必要である。

診断書等の書類より上記を基準として、日常生活上の状況等を考量して総合的に認定されることになります。

当センターは 障害年金の病気やけがで苦しむ方やそのご家族の方が障害年金で少しでもご安心頂けるよう無料相談を実施しています。ご希望の際はお電話にてお気軽にお申し込みください。

TOPに戻る

もっと詳しく利したい方はコチラのページもご覧ください

障害年金の無料相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

06-6360-4023

月〜土:9:00〜19:00 (土曜日は17:00まで)

障害年金無料診断 LINEで障害年金のご相談 マンガでわかる障害年金シリーズ 感謝のお手紙
1分間受給判定 サポート費用 無料メール相談 LINEで相談

お問い合わせはこちら

06-6360-4023

月〜土:9:00〜19:00 (土曜日は17:00まで)