生活保護と障害年金は両方貰うことはできますか?

質問

私は現在、生活保護を受けています。障害があるため障害年金の申請も考えていますが、
生活保護と障害年金は両方貰うことはできますか?

 

答え

生活保護と障害年金はどちらか一方しか貰うことはできません。

障害年金は事故や病気等で障害を負ったかたに国が支給する公的な保険です。
管轄は日本年金機構であり、財源は厚生年金保険料及び国民年金保険料などの年金保険料で賄われています。

支給要件は
① 初診日(障害の原因となっている傷病のために初めて病院に行った日)を確定させること
② 初診日において納付要件を満たすこと。 ③ 障害の基準を満たしていること。

となっております。

それに対して、生活保護は憲法25条の「健康で文化的な最低限度の生活」を保障する制度です。
国が生活困窮する人に対して必要な保護と自立を助長することを目的としており、管轄は市区町村となります。

支給要件は
① 援助してくれる身内、親族がいない。
② 全く資産を持っていない。
③ 怪我や病気で働くことができない 等
④ 条件を満たした上で、月収が最低生活費を下回っていることで受給できます。

障害年金は資産や収入あった時、身内や親族からの援助があっても減額されずに支給されますが、生活保護は資産や収入があった場合は打ち切られたり、減額されたりしますし、身内や親族からの援助があった場合は終了となります。

生活保護を受給していると障害年金の申請ができないと思われるかたが多いですが、できないわけではありません。

ただし、両方貰うことができない点に注意してください。
通常、生活保護の方が金額が大きいため、生活保護を支給され、その間は障害年金の支給がストップすることになります。

当センターは 障害年金の病気やけがで苦しむ方やそのご家族の方が障害年金で少しでもご安心頂けるよう無料相談を実施しています。ご希望の際はお気軽にお申し込みください。

 


  • これ程多くの地域の方々からご相談を頂いております

    大阪府全域 兵庫(神戸、西宮、尼崎周辺)・奈良(大和郡山・生駒)・京都市の障害年金をサポート

    詳しくはこちら

  • 様々な病気をお持ちの方へ

    年間約60万円以上もらえる国の援助制度をご存知ですか? 主に65歳未満対象|うつ・メンタル・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc

    様々な病気をお持ちの方

  • 障害年金無料診断キャンペーン実施中

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です

    無料診断はこちら

  • TOPへ戻る