65歳以降の請求について

質問

平成14年から変形性関節炎を患い、平成17年に人工関節を入れました。現在67歳ですが、遡って請求する事はできるのでしょうか?

答え

遡っての請求は、初診日から1年6ヵ月経過した時点(障害認定日と言います)で障害等級に該当していた場合に可能となります。ご質問のケースでは初診日から3年経過後に障害等級該当となりますので、遡って請求する事はできません。

この場合は「事後重症請求」と言って、障害認定日には障害状態ではなかったけれども、その後重症化した事による請求を行う事ができます。事後重症請求で支給決定された場合は、申請時に受給権が発生した事になります。

しかし、残念ながら事後重症請求は65歳の誕生日の前々日迄しか受け付けてもらえません。既に67歳になっていますので、請求は出来ない事になります。

65歳を過ぎて障害年金を請求できるケースは非常に限られます。

・初診日が64歳以前

・障害認定日(初診日から1年6ヵ月)に障害状態に該当

という要件を満たさなければなりません。また、老齢年金を繰り上げて受給した後に初診日がある場合(初診日において被保険者ではない場合)も受給する事はできませんのでご注意下さい。

当センターで定期的に開催している無料相談会では、障害年金をもらえるかどうかの診断も無料で行っております。お気軽にお申し込みください。

 

 


  • 障害年金申請 成功報酬 着手金0円キャンペーン実施中!|障害年金がもらえなかった場合は報酬をいただきません。

  • 障害年金相談会受付中!

    「障害年金についてお気軽にご相談ください。」TEL:06-6360-4023 受付:月~土 9:30~19:00

    メールでのご予約はクリックしてください

  • これ程多くの地域の方々からご相談を頂いております

    大阪府全域 兵庫(神戸、西宮、尼崎周辺)・奈良(大和郡山・生駒)・京都市の障害年金をサポート

    詳しくはこちら

  • 様々な病気をお持ちの方へ

    年間約60万円以上もらえる国の援助制度をご存知ですか? 主に65歳未満対象|うつ・メンタル・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc

    様々な病気をお持ちの方

  • 障害年金無料診断キャンペーン実施中

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です

    無料診断はこちら

  • TOPへ戻る