知的障害の場合、初診証明はどうなるの?

質問

知的障害の息子がおり、障害年金の請求を考えています。手続きについて調べてみると初診日の証明が必要とありますが、最初に行った病院は既に廃院となっております。このような場合はどうしたらよいでしょうか?

答え

知的障害であれば療育手帳をお持ちでしょうか?お持ちであれば初診日の証明は不要となります。知的障害は先天性の疾患として考えられており発症日は出生日となります。その為、療育手帳の写しを初診証明に変えて請求することができます。また、20歳になるまでは年金への加入義務はないので、納付要件についても考えなくて良いことになります。

20歳の時点で障害状態に該当しているにもかかわらず請求していない場合は、遡って請求することもできます。この場合は、20歳の時点から3か月以内の診断書と現在の診断書を添付のうえ申請することになります。

注意点としては、成人して就職した後に知的障害が発覚し、厚生年金加入期間内に初めて病院に行ったというようなケースであっても、厚生年金ではなく国民年金での請求となります。その為、知的障害は2級以上の障害状態に該当しなければ年金を受給することができません。

当センターで定期的に開催している無料相談会では、障害年金をもらえるかどうかの診断も無料で行っております。お気軽にお申し込みください。

 


  • 障害年金申請 成功報酬 着手金0円キャンペーン実施中!|障害年金がもらえなかった場合は報酬をいただきません。

  • 障害年金相談会受付中!

    「障害年金についてお気軽にご相談ください。」TEL:06-6360-4023 受付:月~土 9:30~19:00

    メールでのご予約はクリックしてください

  • これ程多くの地域の方々からご相談を頂いております

    大阪府全域 兵庫(神戸、西宮、尼崎周辺)・奈良(大和郡山・生駒)・京都市の障害年金をサポート

    詳しくはこちら

  • 様々な病気をお持ちの方へ

    年間約60万円以上もらえる国の援助制度をご存知ですか? 主に65歳未満対象|うつ・メンタル・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc

    様々な病気をお持ちの方

  • 障害年金無料診断キャンペーン実施中

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です

    無料診断はこちら

  • TOPへ戻る