大阪全域兵庫(神戸、西宮、尼崎周辺)奈良(大和郡山・生駒)京都市をサポート

天満橋地下鉄谷町線3番出口 徒歩分、京阪東口 徒歩

運営:セントラル社会保険労務士法人

お問い合わせはこちら

06-6360-4023

月〜土:9:00〜19:00 (土曜日は17:00まで)

MAIL LINE

筋萎縮性側索硬化症(ALS)で障害厚生年金1級を受給できたケース

相談者男性(60代)/無職
傷病名筋萎縮性側索硬化症(ALS)
決定した年金種類と等級障害厚生年金1級
年金額年額 約170万円・遡及分 約55万円

相談時の相談者様の状況

奥様からご相談のお電話をいただきました。数年前から身体が思うように動かなくなり、次第に自力で呼吸することもままならず在宅酸素療法を開始するほど容態が急速に悪化していったとのことでした。

現在は、寝たきりとなり会話をすることも動くこともできず施設で療養されている状態でした。障害年金の申請を考えられ、一度奥様がご自分で申請をしてみたのですが結果不支給となり、弊社に相談に来られました。。

相談から請求までのサポート

ご相談には奥様がお一人でいらっしゃいました。お話をお伺いすると、前回ご自分でされた申請についてコピー等の資料を残しておらず記憶も曖昧になっておりましたので、前回の申請資料を年金事務所で取り寄せるところから始めました。
身体を動かすことができず筋力も落ちていましたので、現状の肢体の診断書の作成を医師に依頼することにしました。併せて在宅酸素をされている場合も障害年金の対象になるため、在宅酸素療法を導入、開始した病院にて診断書を作成していただき、認定日に遡っての請求も併せて行うことにしました。

肢体(手足)の診断書については、ご本人様が医療機関へ受診に行き、記載していただく予定でしたが、あまりにも移動の負担が重いため、訪問診察を実施してくださり、医療機関へ行くことなく診断書を作成いただくことができました。

出来上がった診断書を拝見すると、一部不備等がありましたた修正をお願いしましたが、快く対応していただき、現在の症状が反映された診断書を作成していただくことができました。
肢体の診断書と、在宅酸素による呼吸器の診断書の計2通の診断書にて申請しました。

結果

無事に障害厚生年金1級が認められ年間約170万円の支給となり、大変喜んで頂けました。

呼吸器の認定は在宅酸素を開始した日から遡っての請求も認められましたので、数カ月分を遡って約55万円を一時金にて受給することができました。

TOPに戻る

もっと詳しく利したい方はコチラのページもご覧ください

障害年金の無料相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

06-6360-4023

月〜土:9:00〜19:00 (土曜日は17:00まで)

障害年金無料診断 LINEで障害年金のご相談 マンガでわかる障害年金シリーズ 感謝のお手紙
1分間受給判定 サポート費用 無料メール相談 LINEで相談

お問い合わせはこちら

06-6360-4023

月〜土:9:00〜19:00 (土曜日は17:00まで)